人気がある場所に自動販売機を設置|無人で商品販売

女の人

進化する自動販売機

缶

最近では自動販売機も進化していて多くの機能を持っています。例えば温度調節時に電力を省エネにしたり、また在庫の量を自動で知らせることもできます。また当たり付きの自動販売機ではお客さんを楽しませる機能もついています。

詳細へ

メーカーのサービス

ペットボトル

自動販売機の設置にかかる費用

今や日本全国どこにでもある自動販売機は、気軽に利用できるサービスとして欠かせない存在となっています。ドリンクも豊富な種類がそろい、都心部では自動販売機が何台も並んでいることも珍しくはありません。そんな自動販売機は、個人の所有する土地で設置していくことができます。これはメーカーが行っているサービスでは、土地に設置してもらう代わりにその売上げの一部を納めてもらっているものです。このような方法で副業として行っている人も多く、人気を集めています。この自動販売機の設置サービスにかかる費用は、基本的にはありません。しかし、自動販売機にかかる電気代は毎月払っていく必要があるので、売上げ金から賄うことができます。実際にかかる費用は電気代ぐらいなもので、その他のメンテナンスに関してはメーカーのスタッフが定期的に行ってくれます。それなので、電気代を支払うためにそれなりの売り上げ金を期待しなければいけません。

ドリンクの売り上げに大きく影響してくる

自動販売機の日本の歴史は、ドリンクでは1961年に取り入れられました。その後、急速にサービスが普及してホットや缶、ビンにペットボトルでも扱える自動販売機が登場してきたのです。今ではドリンクの売り上げは、2兆円以上でその半分が自動販売機の売り上げによるものです。それぐらいこのサービスは需要があり、メーカー側もその活動に力を入れています。そういったことから、メーカー側も自動販売機の設置への競争が激しくなってきました。設置するには土地が必要となり、個人に協力してもらうサービスを行うようになったのです。一般の人となるので負担とならないようなサービスを展開していき、その魅力を多くの人に伝えています。これらは、自動販売機の新たなサービスとして個人でもできるようなビジネスとして成り立っています。

頼りになる飲料メーカー

缶

自動販売機を設置するには飲料メーカを利用しましょう。自分で自動販売機を購入して運営していく事もできますが、初期費用がかかる上、飲料の補充やメンテナンスも全て自分で行なわなければいけません。

詳細へ

人が集まる場所

自動販売機

自動販売機を設置するのに大切なことはその設置場所選びです。人が集まる場所を選択しましょう。また実際に設置した後には飲料の補充も必要です。季節に応じて飲料の種類を変えると売上アップにつながります。

詳細へ